大阪で伝統構法の家づくり!・・・石場建て/木組み/土壁 ~今さらマイホーム新築

五十代も後半、自宅を再建新築。 今さら住宅ローン!建売りのローコスト住宅か…。 で、行き着いたのはやっぱり自然素材、地元の工務店。 手刻みの材木、金物をほとんど使わない躯体、美しい木組み。 間取りの打ち合わせがほぼ終わった頃、棟梁がつぶやいた。 「ホンマは石場建てがエエんやけどなぁ・・・。」 「えっ?石場建てってなんですのん?!」・・・ 家造り、伝統構法について、発信していきます。

窓全開 … 最高気温31℃ ~ 遅い梅雨入り

今日6/11は、定期通院日。昨年12/7の入院手術から早半年。
今日の検査・診察で、8月には肝臓に入れている管を外せそうだとのこと。
今はシャワーしか浴びられないので、早く湯舟に浸かりたい! 温泉に行きたい!!
(参照:​2023/12/29稿「入院中の病室の窓から・・・」​)



近畿地方の梅雨入りは平年6/6だそうですが、今年は当分まだのよう。
今日の枚方、我が家の2階インナーバルコニーの外気温は、31℃!…真夏日
朝の天気予報から​「室内での熱中症に注意!エアコンを入れて室温を28℃に。」​と。



こんな日でも、木と土と草と紙でできた伝統構法の我が家に、エアコンはいりません。
家中の窓を全開。軒が深いので、高い高度の日光は遮られます。
玄関の扉も、両側に全開。格子で外からの視線を遮りつつ、縁側のようにそよ風が通ります。



書斎の窓も全開。
明かりは上側の窓から入れて、風は下側の窓から通します。
格子と障子が程よく表からの視線を遮ります。



真夏日の外気を敢えて入れてみて、1階の最高室温は28℃。エアコン推奨温度。
外壁は土壁に3cm厚の無垢杉板張りのみ。断熱材は一切入っていません。
(参照:​2020/4/25稿「土壁:荒壁付け・・・」​)
(参照:​2020/08/30稿「外壁材は無垢杉・・・」​)

2階も窓全開。さすがに屋根には​、杉皮製の断熱材フォレストボード​が入れてあります。
それで最高室温は29℃。涼しくはないけど、風の動きもあって実体感として暑くはない。
午前中の室温が25~26℃ぐらいで窓を閉めた方が、涼しいかもしれませんが。



窓は断熱・気密の敵!とばかりに窓を極力小さく少なくして、
エアコンが最も省エネの空調!とばかりにエアコンを入れて24時間機械換気。
そんな現代の家は、本当にエコなんでしょうか?

さすがに35℃以上の猛暑日になろうかという日はエアコンを使えばいいですが、
日本の伝統的な造りの家は、そもそも電気で空調することが前提になっていない。
本当の省エネとは、消費電力が少ない電気機器ではなく、電気が無くても大丈夫ということでしょう。

そんな家、古民家ではなく現代の新築が、ここにあります。
そして、全国にあって、今でもあちこちで建築中です。
「伝統構法」「石場建て」「気候風土適応住宅」などのキーワードで検索してみては?!